カスミサンショウウオ

カスミサンショウウオの雄カスミサンショウウオの雄

余り雪の積もらない山口県なのですが、最高気温が氷点下になるほど寒い冬日でした。
大雪で予定していた汽水域の撮影を中止して、急遽産卵期にはいるカスミサンショウウオを観察です。

山間部の生息地は完全に雪に覆われて発見できず、南に移動して平野部の生息地を紹介してもらいました。
ここも産卵はまだ始っていませんでしたが、産卵待ちのオスを2個体発見。 1年ぶりのカスミサンショウウオです。

Photo Date
カスミサンショウウオの雄:山口県中央部
Canon EOS 5D markⅢ
EF100mm macro F2.8L IS

こちらは雪化粧された湧水池
別府 弁天池 【Canon Eos 5D markⅡ SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL 】

別府弁天池


    • おでっせい
    • 2013年 2月 10日 10:46pm

    かわいいですね、サンショウウオ。
    子供のころ毎年のようにエゾサンショウウオを飼っていました。
    最近見てないですね、生きてるのは…
    一昨年、福島県の桧枝岐村でサンショウウオのから揚げ食べたりしましたが…

    • おはようございます。
      北海道のほうはまだ沢山見れるところもおおいのでしょうか。
      こちらの方では食べる習慣がないのですが、雪に閉ざされる地域は大事な食料だったのでしょうね。
      美味しかったですか?(笑

        • おでっせい
        • 2013年 2月 11日 8:08pm

        こんばんは~
        北海道といっても30年以上前の話なんで最近の状況は未確認ですが….
        山野を駆け回って日々小動物の虐待に明け暮れていた幼気なガキンチョでも、雪解け直後の産卵期(GW前後)以外は滅多に見つけられませんでした。

        桧枝岐名物:サンショウウオ料理の味は、(以前どこかで同じ感想を書いた気がしますが…)
        かつて食べたどの食材とも似ていない新鮮な味! サンショウウオ・グルメブームが起き、乱獲による絶滅が危惧される!? なんてことは心配無用な味でした。

        • 小型サンショウウオは普段水辺にいない種がおおいみたいなので、産卵期以外は探すのはたいへんそうですね。
          北海道の方のブログなど見てると自然が多いところはまだまだ健在のようです。

          食べる方はどちらかというと漢方??薬の代わりなことがおおいんでしょうかね~。
          進んで食べる人は確かにすくないでしょう(笑

          北海道の両生類も息抜きがてらに是非撮影を ^-^

  1. かわいいっすね~。
    産卵シーンってどんな感じなんでしょうね?
    是非産卵中のメスをお願いしますヽ(^。^)ノ

    • 産卵シーンは巻きついての産卵になるので美しくはないかも?(笑
      機会がありましたらチャレンジしてきます!

  2. お目目くりくり、可愛いですね~
    これで成体なんですか?
    小さそうですね。

    • これは雄の生態ですねー。
      全体的にまるっこい感じなので、可愛い感じです。
      小さいといっても尻尾もあるので10cm以上はありますよー。

  1. トラックバックはまだありません。