マダコの卵保護


フジの花のような房状で海藤花と呼ばれるタコの卵です。
切れた蛸壺が数個あって、そのうちの2箇所で卵を守っていました。
発達していた方は既にほぼハッチアウトが終わっていて、
残りの子供達を出るまで頑張った母ダコは力尽き死んでしまうそうです。

Photo Date
マダコの卵保護:屋代島(周防大島)-7m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS


    • nob
    • 2012年 10月 2日 9:04pm

     海の藤とは上手いことを言うものなのですね~♪
     ハッチの瞬間を見てみたいものですね!

    • 産みたての卵の時はほんときれいだからね~。
      ハッチは始まると一斉にでていくからタイミングだけだね。
      今日か明日いけばお隣のツボがハッチアウトしてるんだけどなー。

    • おでっせい
    • 2012年 10月 2日 9:52pm

    こんばんは。

    いや~~、素晴らしいです。
    特に卵と一緒の親ダコの全体を入れずに眼だけ、吸盤だけってのが渋いですね。
    勉強になります。

    • おでっせいさんこんばんはー。

      卵が小さいのでタコと卵がわかる雰囲気に撮影してみました。
      ツボの中で光も回らないし、壺の中は泥まって大変だしこのあたりが精一杯です(笑

  1. トラックバックはまだありません。