アーカイブ : 2012年 1月

イレズミハゼ属の一種 

 

 

 


12月の柏島で撮影した写真です。
最近、柏島でもよく見つかる事があるオレンジコンビクトゴビーといわれるイレズミハゼspの幼魚です。
大きさは2cmちょっとのまだまだ子供で、砂地に埋まっている板の裏によく住んでるようです。
板をはぐると砂地にでてきたんですが、顔を砂に擦り付けた瞬間に甲殻類らしき生き物がついてました(笑
最初見た時は西表の浜で砂遊び中にいっぱい採れてたハマスナホリガニかなと思ったのですが、この水深にも住んでるのだろうか?
次のシャッターを切るまでには居なくなってたのですが、捕食したわけではないようですね。

Photo Date
イレズミハゼ属の一種 yg:柏島 -20m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


クサウオのハッチアウト

 

 

 

 

 

 

 

 


ついにクサウオのハッチアウトが始まりだしました。
1月初旬に産み付けられた卵から、少しずつ卵から出た仔魚が水面に向けて泳ぎだします。
青海島 紫津浦のクサウオ総集編です。

水温は一気にさがってこの時期の最低水温付近の11度。
卵を産み付けられてるエリアは水深18mと微妙な水深です。

1枚目は先週の写真で、最後のオスは2枚目のように現在も元気に卵を守っています。
そしてまた新しい卵を産み付けているので、まだメスも生息しているようです。

3枚目、ハッチアウトは尻尾からまず卵の外へだして、それから抜け出るようです。
4枚目は右下の出そうな個体を狙ってたのですが、その左上から仔魚がハッチアウトしてきました。
5、6枚目は卵から完全にでて、水面目指して泳ぎだします。
上昇するスピードが意外と速く、仔魚を狙うのはチャンスは一瞬です。

7枚目のように障害物をよけながら昇っていく個体が撮影しやすいですね。
8枚目は卵を産みつけた雌が力尽き、貝のエサとなり自然に戻ってゆきます。

中村宏治さん率いる日本水中映像さんが、
ハッチアウトの撮影を成功させた日に、次回はハッチまで撮ろうと思いを決めてから3年間。
久しぶりにクサウオの産卵が観察できて、ハッチアウトの撮影と観察をできることができました。
あの小さな命の誕生をそっと観察していると、極寒の環境も忘れるぐらいの楽しい時間でした。

また来年、この子供達が産卵の為に青海島に帰ってきてほしいですね (^―^)ノ

Photo Date
クサウオのハッチアウト:青海島 -18m
Canon Eos 5D markⅡ
wide:EF20mm F2.8 USM
macro:EF100mm macro F2.8L IS +CL


???

 

 


上関でのダイビングですが、シルト地帯でアミを一緒懸命食べている幼魚を発見。
大きさ2cm程、テンジクダイの子供なのか???と興奮してシャッターを切っていましたが、
PCで見てみると、この模様の入り方はもしかしてメバルの子供?
なにも隠れる所のない砂泥地で大きくなっていくんでしょかね?

※情報頂きましてムツの幼魚ではないかと!

Photo Date
???:上関 -18m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


クダウミヒドラの仲間

 


いま流行の?ヒドロ虫系の被写体です。
ヒメクダウミヒドラ ベニクダウミヒドラというらしいですが、栄養分豊富な紫津浦側のポイントは壁一面に咲きわたっています。

この週末はクサウオ撮影の為に各地から遠征にこられてるよう。
3年ぶりのクサウオの産卵パワーは凄いのでありました (´ェ`*)ノ

※色々な方から情報頂いたのですが、同定がかなりシビアなようですので、クダウミヒドラの仲間としておきます(笑

Photo Date
クダウミヒドラの仲間:青海島 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL (macro)
EF20mm F2.8 USM (wide)


アミの仲間

 

 


深い川でも潜れる様にと去年の秋にマイタンクを1本購入してまして、
今日は午後から屋代島へ行こうか、川へ行こうかと悩みつつ、あれこれ用意してるうちに時間が経ってしまったので近所の海でもぐってきました。
余り人気のない所だと密漁とまちがえられそうなので(笑
人がいるエントリーしやすい浜から堂々と入り何事もなく・・・。

水は瀬戸内海でも流石に冬だけあって透明感もあります。
-15m過ぎた辺りから濁りがでてきたとおもったら超シルト地帯を発見。
これは降りてけばアカタチでもいるかーっと思いましたが、サブ器材でコンパスもなくて、残圧も半分切ってたので安全をとって撤収~(´ェ`*)

いたるところにスナギンチャクが咲いてまして、エビがついてるのかと思ったら、どうやらアミの仲間のようです。
結構大型で1.5cm程ありました。 みょうに目が大きいアミですね~。

次回は一気に深い所まで狙ってみたいと思います!

Photo Date
アミの仲間:上関 -15m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL


’12上方水中映像祭り


‎2月18日(土)は、上方水中映像祭りです。
プログラムが決定したようですのでお知らせいたします。
私の作品は「The Four Seasons」 山口県青海島の一年をフォトスライドにまとめた作品です。

多数、沢山のすばらしい水中映像作品が見れるイベントですのでよろしかったら是非お越しください
詳しくは下のバナークリックを(^―^)

#################################################################

1 こもたん(一般公募)
 「これからダイビングを始める君へ」 

2 山中利文(一般公募)
 「おとんのログブック」

3 長野敦(一般公募)
 「淡水域」

4 五十嵐”ガルーダ”一規(一般公募)
 「Calypso」

5 鈴木あやの(一般公募)
 「イルカの瞳に魅せられて」

6 伊藤エリナ・小林裕幸(一般公募)
 「SCANDINAVIA」 

7 あなたの水中写真を見せて♪(一般応募写真)    
 
~休憩~ 
 
8  ○○の皆さんに聞きましたフォトコンテスト 

9 UMA会長 古菅正道(一般公募)
 「水納島の夏休み」

10 水中映像サークル(招待作品)
 「色ある海!」

11 Boomin(一般公募)
 「REVIVE SANRIKU」

12 酒井由紀代(一般公募)
 「Bahamas Dolphin People」

13 オランクダイバーズ(協賛出展)
 「春海邂逅 -出逢いという奇蹟」 

14 備後輝 & ひろちゃん☆彡(幹事団)
 「西オーストラリア」

15 kenyu nakajima (一般公募)
 「The Four Seasons」

##################################################################

映像祭とは関係はないのですが、今日の写真は青海島で観察したナベカの婚姻色です。

Photo Date
ナベカの婚姻色:青海島 -1m
Canon Eos 5D markⅡ
EF100mm macro F2.8L IS + CL