錦川のサツキマス

 

 

 

 


いよいよサツキマスの産卵も終わりを向かえてきたようです。
3日前に見た産卵の様子もなく、今日は産卵するペアを見ることは出来ませんでした。

週末に長野君ときたちゃんが遠征に来るので下見のつもりで行ったのですが、午前中は撮影にこられてた方達と観察をしながら色々と話を聞かせて頂き、午後から川に入ったんですが、気づいたら日が暮れ始めました(笑

人の気配を感じると逃げてしまうサツキマスなんですが、色々とアプローチをしていくうちに寄り方がわかってきて、今日は泳いでるサツキに寄れて撮影ができる感じになりました。
ある程度水深がある所だと川底の石をする音で驚かせないので、そんな場所をみつけつつ、後はプレッシャーかけないようにじっくり寄る辺りは海の撮影とかわりません。

産卵を終えた様子のペアなんですが、何処に行っても一緒になっていた仲の良いサツキマスのペアです。
30cm近くまで寄ることが出来たのですが、不思議と一度寄れるとさっきまで逃げ回っていた他のサツキマス達も自分の目の前を普通に泳いでいってました。
この調子で寄れれば産卵も撮れるのではと思いましたが、まぁそんなに甘くはないでしょうね~。(笑

Photo Date
サツキマスのペア:錦川支流 -30cm
Canon Eos 5D markⅡ
EF20mm F2.8 USM


  1. サツキマスって神経質なんですね。ということはペアの写真は貴重だったり?
    水もクリアだし、素敵な写真ですね~!
    白鮭は撮影しているとがんがん体にぶつかってきてびっくりしたりします(^。^)

    • 渓流の魚なのかものすごく神経質ですね~。
      日本海側の川にはサケも少数上がってくるみたいですが、やはりサツキなどのほうが寄るのはむずかしいそうです。
      水はほんとうに綺麗な川で撮影にはもってこいです!
      北のサケとりにいきたいなぁ~。

  1. トラックバックはまだありません。