夜間のカブトガニの産卵


今年は連日連夜カブトガニの産卵地を巡って観察し続けてみました。
観察を続けると撮影の方でも色々と見えてくるものがありますが、環境やタイミングのイメージを膨らませると、チャレンジはまた来年に持ち越しになりそうです。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -0.2m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カブトガニの産卵


生きた化石といわれるカブトガニも、護岸整備や干潟の埋め立てで絶滅危惧I類に指定されて絶滅の危機に瀕しています。
かつては瀬戸内海の広範囲で足の踏み場もないぐらい産卵していたと聞きますが、今は細々と命をつないでいるようです。
干潟で泥水での撮影が多い中、水の澄んだ砂浜で産卵している個体を見つけました。

Photo Date
カブトガニの産卵:瀬戸内海 -0.2m
Sony α7RⅡ
EF8-15mm F4L fisheye USM


カジカ


空梅雨の6月でしたが、雨が降り出した下旬から雨天がつづきます。
そんな感じで撮影の方もいまいちすすんでおりません。

写真は岩に同化して隠れるのが上手なカジカです。
どこにいるか判るかな?

Photo Date
カジカ:太田川水系 -0.2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


琵琶湖の固有種 イサザ


ハゼ科のイサザは琵琶湖の固有種。
今年は数が少ないとの事でしたが、潜ってみる数も以前よりかなり少なかったです。
コアユも接岸してないようですし、雨もあまり降らず、今年は色々と季節感がおかしい年なのかもしれません。
写真のイサザはきれいな婚姻色をだしておりました。

イサザ:琵琶湖-5m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ニゴイの追星


琵琶湖の水深10m付近の岩礁地帯に多くのニゴイが集まっていた。
忙しく泳いで餌を取るわけでもなく、婚姻色の黒っぽく追星がでたオスとメスの姿も見えるのだが、みなじっと水底に横たわっていて、狭い範囲に固まっている。
琵琶湖で見た不思議な光景の一つです。
Photo Date
ニゴイの追星:琵琶湖-10m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


ゼゼラ


2年ぶりとなった琵琶湖遠征はちょうどイワトコナマズの産卵の時期・・・だったのですが。
なぜか湖岸にナマズの姿は見えず、コイなどの接岸も見れないさみしい状況。
イワトコを捜索中に砂泥地に出ると小魚が多く、そんな中で琵琶湖で初めてゼゼラを見ることができました。
これも婚姻色をしっかりと出した個体を撮影したい種であります。
Photo Date
ゼゼラ:琵琶湖 -2m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM