2017 上方水中映像祭り Final


2月18日は海遊館ホールにて2017 上方水中映像祭り Finalが開催されます。
今回は10回目で最後の開催とのことで、私も日本の川を撮るという作品を上映させていただきます。
他、すばらしい映像が多く上映されますので、是非、お近くの方は会場に遊びにこられてください。

プログラム(上映順です)

1.カラフルな国 コロンビア
  エリザ(一般公募)(5:09)

2.冒険はまだまだつづきます 2011年~2016年小笠原の旅
  今井 寛治(一般公募)(5:08)

3.生き物知床紀行~カラフトマスの遡上物語~
  藤田 良枝(一般公募)(4:58)

4.全国の大瀬崎をDISっている皆様全員纏めてかかって来なさい!
  はごろもマリンサービス(一般公募)(5:50)

5.水納島ファイナル
  古菅 正道(一般公募)(5:36)

6.Planet of …
  長野 敦(一般公募)(4:39)

7.輝きの海
   三陸ボランティアダイバーズ佐藤寛志(一般公募)5:33

8.あなたの水中写真を見せて♪(一般応募写真)

9.○○の皆さんに聞きましたフォトコンテスト

10.「生えもの」の魅力
  ハニー(一般公募)(5:16)

11.象の墓場
  石田 根吉(一般公募)(5:13)

12.シダリスト! ~ ウミシダいろは唄 ~
   まつくん(一般公募)(5:02)

13.山口県瀬戸内海
  LOVE&BLUE(協賛)(5:06)

14.日本の川を撮る
  中島 賢友(一般公募)(5:36)

15.Memories
  備後 輝 & ひろちゃん☆彡(幹事団)5:00

16.10秒への挑戦
  ブルーライン田後(協賛)(4:42)


深場のワカヨウジ


あっという間に1月が終わってしまいました。
忙しさと寒さを理由に中々フィールドに出る機会がありません。
春が待ち遠しいです(笑

柏島で好きな場所の一つです。
光があまり届かない、水深45m付近のガレ場に広がるソフトコーラル畑にワカヨウジを見つけました。

Photo Date
ワカヨウジ:柏島 -45m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


瀬戸内海のタチウオ



明けましておめでとうございます。
ペースが落ちてきましたが、本年もマイペースで更新を続けていきますので、宜しくお願い致します。

年末に、12月から好調と聞いていた、周防大島でのタチウオ撮影に行ってきました。
瀬戸内の濁り気味の透明度に浮遊物、鏡のようなタチウオのボディをストロボで撮影するには高度な技術が必要となります。

※ 1/5 再度撮影に行った写真を2枚目に追加。
水温が1度下がって、タチウオの泳ぎも追えるぐらいに少し活性が鈍ってきた感じでした。

Photo Date
タチウオ:屋代島 -8m
Canon EOS 5D markⅢ
EF8-15mm F4L fisheye USM


金のボロカサゴ


久しぶりの柏島は、12月というのに凪に近い状態で最高の海況です。
長い間、後浜に金色のボロカサゴがいるという事で撮影してきました。
水深も深く、ここまで明るくなかったですが、8-15㎜で撮影するとよい感じに仕上がります。

Photo Date
ボロカサゴ:柏島 -30m
EF8-15mm F4L fisheye USM


カムルチー


今年の中国地方以外への淡水魚撮影の遠征は熊本のみで、諸事情が重なってフィールドに出れた日は、ダイビングも含めて年間で39日とほとんど撮影ができない年でした。
来年は熊本の震災後の状況も心配ですが、琵琶湖、富山平野、北海道へと足を運べればと思っています。

写真は昼間の浅い場所では警戒心が強く、なかなか寄れないカムルチーを陸上からの撮影です。

Photo Date
カムルチー:緑川水系 水面下
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM


サツキマス 夜間の産卵

夜間の産卵

今年のサケ・マスシーズンは、あまり撮影に行けなかった事と、産卵個体数が少なかった為に1ペアを追い続けることが多かったです。
じっくり観察する事で、撮影の間合いや、成功確率を上げる為にする事などを学ぶことができました。
そして、これからオフシーズンに向かうので、撮影機材でいままで不便だった部分をProofさんにお願いして部品を作ってもらっています。
来年はストレスを減らして、撮影にいどめそうでうす。

写真は、夜も産卵してしまうサツキマスです。 イワナと違って翌日へ持ち越しが無いので、日没までが勝負になります。

Photo Date
サツキマスの夜間産卵:瀬戸内海流入河川 -0.5m
EF8-15mm F4L fisheye USM